債権者・抵当権者が不動産に仮差押えするための基礎知識

不動産のやり取りをしていく中で金銭的なやり取りは重要になります。金銭的なやり取りをより確実なものにするため、担保などの制度が存在し、万が一お金を返すことができなくなっても、それをずっと背負い込むなどの事態になることを防ぐことができます。

よく差押えという言葉を耳にすることがあります。これはお金を借りた人が金銭的な返済が難しくなったときに、お金を貸している人が申し立てをすることで財産を差し押さえて、お金に変えていくことになります。財産をなくすが、借りたお金を返すことができるシステムです。しかし、中には仮差押えというのも存在します。これも非常に大切な存在となっているので、理解をしておく必要があります。

ここではこの仮差押えについて紹介をしていきたいと思います。差押えとは少し違う特徴があるので違いを知っておく必要があります。その違いや、特徴をメインに説明をしていきたいと思います。不動産の制度の中には、この差押えと仮差押えのような言葉が似ているが、持っている意味合いは違ってくるという用語はたくさんあります。そのためすべて同じだと思って扱うと、問題に対処することができなくなるので注意が必要です。

債権者・抵当権者が不動産に仮差押えするための基礎知識

仮差押え制度の意義

仮差押えのもつ意味を紹介していきます。

仮差押えの流れを知る

仮差押えの流れをここで紹介していきます。

不動産の仮差押えについて紹介していきます。

仮差押え制度の意義
仮差押えと差押えの違い
仮差押えの機関・裁判・担保
保全命令の種類
保全命令の管轄裁判所
保全命令の申立てと担保の提供
保全命令の裁判の中身
申立の取下げと不服申立て
仮差押えの流れを知る
仮差押えの目的と要件
仮差押えの申立てと裁判
係争物に関する仮処分
仮の地位を定める仮処分
保全命令に対する保全異義
保全命令の保全取消し
保全命令の保全抗告とは
債権者・抵当権者が不動産に仮差押えするための基礎知識仮差押え制度の意義仮差押えの流れを知るサイトマップ